12/10/2019

良い技術があっても良い“コレ”がなきゃ働けない!

看護師として長く同じ職場で仕事を続けたいと思っていても、職場の雰囲気や人間関係が悪いとストレスに悩まされ離職せざるをえない状況に追い込まれることがあります。いくら給与面で魅力がある職場でも、心も体もボロボロになるようでは看護師という仕事に生き甲斐を感じにくくなるのも事実です。

例えば、「指導」という名の新人いびり、人によって態度が変わる同僚、攻撃的で手におえない先輩看護師といった癖のある人々と一緒だと、毎日職場に行くことでさえつらくなります。やっかいな看護師はどこにでもいますが、困っている人をフォローしてくれる仲間や問題のある人を諫めてくれる先輩がいたりすると職場の雰囲気は良くなるものです。良い職場は外から見てもなかなかわからないものですが、もし希望の職場の雰囲気を知りたいなら職場訪問をするのもいいでしょう。

良い職場の特徴として覚えておきたいのが、ナースステーションや看護師の休憩室が清潔だということです。師長や主任のような上に立つ人が細かい所まで気が付いているか、患者に見えない所まできれいにしているような職場は看護師同士の人間関係にも上の人の目が行き届いています。また、新人ナースの表情が暗くなっていないか、教育をしっかりして精神面のフォローが出来ている職場だと、新人ナースの表情も明るくなります。逆に一年以内に離職する人の数が多いような病院では、下の人を育てる教育が出来ていないか人員不足でピリピリしている可能性が高いでしょう。