10/18/2019

良い技術があっても良い“コレ”がなきゃ働けない!

看護師は人の命に関わる専門性の高い職種であり、その仕事に就くためには専門の学校や大学などで必要な科目を履修したうえで国家試験に合格する必要があります。高い専門性を求められる看護師は、需要も高くさまざまな業界での専門職として給与ベースも比較的高い職種です。しかしながら、せっかく資格を取得して仕事についても、看護師は離職率の高い職種でもあります。看護師の離職事情には、どのような理由があるのでしょうか。

まず、看護師は慢性的な人員不足であると言われており、その分需要は高くなりますが現場の看護師にかかる負担は大きくなります。元々命に関わる重責を担っている緊張の中で、人員不足によって現場の看護師一人ひとりが担わなければならない業務はさらに増えてしまうのです。精神的にも肉体的にも負担が大きくなって、離職を決意する人も少なくありません。

男性の看護師が増えている状況であっても、看護師は女性比率の高い職種です。働く女性が増えている社会においても、結婚や出産を機に家庭を優先して離職を考える人はいます。また、女性が多い職場は職場の雰囲気や人間関係に悩む人が多い傾向もあり、医師や上司、同僚との人間関係が上手く行かなくて離職を考える人もいるのです。さらに看護師は専門性が高い職種である為に、医療現場はもちろんのこと、福祉施設や民間施設をはじめさまざまな業界にその需要はあります。さらなるキャリアアップを目指して今働いている職場を辞める選択をする人もいます。