10/18/2019

良い技術があっても良い“コレ”がなきゃ働けない!

職場探しは限られた時間の中で効率的に行うように心がけます。時間をかけ過ぎるとその間に希望に合致する職場が求人を締め切る可能性があるためです。また、複数の職場を比較することで良し悪しを判別しやすくなるのも利点の一つになります。そのため、職場探しはできるだけ多くの場所を巡るのが選択に失敗しない条件です。

効率の良い職場探しはいろいろな方法がありますが、現在では転職サイトの口コミを見るのが一般的な方法です。医療系であれば看護師専門など特定の職業に限定した転職サイトなら突っ込んだ内容の口コミが多数掲載されているので、求人を出している医療機関の評判を判断するのに役立ちます。就業率や離職率が載っているサイトならさらに職場の雰囲気を判断するのに便利です。

職場探しのコツとしては実際に下見を行うのも良い方法です。求人広告ではどのようなことも書けますが、実際の職場の雰囲気は改ざんのしようがありません。職場の雰囲気の良し悪しは仕事へのやる気にも関わる重要な事柄なので、長く働くのであれば必ず下見を行うことを心がけます。医療機関なら医師や看護師など働く人だけではなく、利用している患者の話も判断材料になります。働く人と利用する人とでは着眼点が異なるのが理由ですが、自分がその医療機関で働くことができるかを第一に考えて、慎重に判断することが大切です。医療の仕事は常に心身の緊張を強いられるものなので、安易な妥協をせずにこだわって職場探しを行うのが長く働くことに繋がります。