06/18/2021

良い技術があっても良い“コレ”がなきゃ働けない!

日々多忙な看護師にとって良い雰囲気の職場、つまり働きやすい職場とはどのようなものでしょうか。もちろん各医療施設により看護師の勤務形態は異なりますが、良い職場には共通してみられる特徴があります。では、看護師にとって働きやすい良い雰囲気の職場とは何か考えてみましょう。

まず第一に、指導体制がきちんとしていることがあげられるでしょう。医療の現場は日々進歩しているため、新人だけではなく経験者にとっても、新しい知識を取り入れ技術を高めていくことはとても大切なことです。ブランクがあいてしまった看護師には、特に知識や技術の確認作業は重要なことでしょう。このように病院全体として看護のスキルアップをめざすような姿勢は、看護師にとっても大変プラスになるといえますね。次に、人間関係が良好な職場であることも大切なポイントになります。看護師は女性が多い職種なので、いったん関係がこじれてしまうと仕事もやりづらくなってしまいがちです。しかし、人間関係については実際に勤務してみないとわからないから判断が難しいですよね。転職の際などは、希望の病院の雰囲気を看護師専用の就職コンサルタント等に問い合わせてみても良いかもしれません。

その他に、有給休暇の取りやすさや看護師の人数が足りていることなども重要です。また、病院内に保育所があることもポイントが高いです。このようなことが整っていれば、育児中の看護師が働きやすい職場環境であるといえるでしょう。ママナースが働きやすい職場であることは、他の全ての看護師にとっても良い職場であるといえますね。